中世と現代の交差点、バルト海に面した森と水の国エストニア

 

エストニアってどんな国?

ヨーロッパ北東部、バルト海に面し、個性豊かな表情を見せるエストニア。フィンランド湾を挟んでわずか85km北にフィンランド、また南にラトビア、東にロシアと国境を接しています。歴史的に見ると、隣国はもちろんのこと、ドイツやスウェーデン、デンマークといった近隣諸国の影響も強く受けてきました。エストニアは、人口134万人ほどの小さな国ですが、豊かな自然と歴史ある文化遺産が魅力の国。旧市街全体が世界遺産に登録されている首都タリンをはじめ、スパリゾートとして有名な夏の都パルヌや西部のハープサルなどの観光地もよく知られています。

世界遺産の旧市街タリン

城壁に映える赤い石屋根に、石畳の小路……。バルト海に臨むエストニアの首都タリンは、中世の面影が色濃く残る文化的価値の高い街です。その街並みの美しさは欧州でも随一で、旧市街全体は1997年にユネスコ世界遺産に登録されました。一歩足を踏み入れると、旧市庁舎や古城、大小さまざまな聖堂など、歴史ある建築物が街の印象を際立たせる一方、新市街を形成するモダンなビル群は新しいタリンの側面を象徴しています。かつて、ハンザ同盟の最北都市として栄え、欧州各国との貿易が盛んに行われてきたタリン。近隣諸国の影響を受けながらも、エストニアならではの伝統と独自の文化を守り続けています。

豊かな森林と清らかな水

エストニアは、面積45,227k㎡と日本の1/9の大きさですが、国土の約半分が森林という豊かな自然が魅力の国。都会から車を30分ほど走らせれば田園地方を訪れることができ、週末や休暇ともなれば、新鮮な空気を吸いに森へ向かう人も少なくありません。春は新緑でのハイキング、夏はベリーやハーブ摘み、秋にはキノコ狩り、冬はスキー……。四季折々の表情を見せる森林でのアクティビティは、開放的でフレンドリーであるといわれるエストニア人の重要な活力源でもあります。また、エストニアでは、大地が育む清らかな水も、誇るべき財産のひとつ。国内1450ヶ所を数える湖から流れ出る天然水は、エストニアのお酒づくりにも欠かせない貴重な資源となっています。

充実したインフラのIT先進国

エストニアは、中央・東ヨーロッパでのインターネット使用率トップを誇る、世界屈指のIT国家です。グローバルに利用されているインターネット電話「スカイプ」も、実はエストニア生まれ。いまや、市民にとってインターネットは日常に深く根付いており、ショッピングはもちろんのこと、銀行取引や税金の申告、国会や地方選挙の投票など、生活に必要な取引の半数以上がオンライン上で行われています。その発達を支えるのは、家庭や職場、公共の場におけるインターネットアクセスがすべて無料という充実したインフラ整備が挙げられます。バスや電車内で、あるいはカフェや公園で、どんな場所でもインターネットにアクセスして日常の用事を済ませる人々の姿は、IT先進国エストニアではごく見慣れた光景となっています。

北の大地が育んだ食文化

エストニアでは、豊かな自然が料理にも活かされています。伝統的には、穀物やパン、じゃがいもを中心に、塩魚や豚肉、乳製品などが食されてきました。現在でも、ミネラルたっぷりの黒パンを主食に、近海で獲れたニシンやウナギ、ヒラメなどの魚料理や、シチューやローストした肉料理を合わせるのが一般的。なかでも、保存食であるニシンの塩漬けや、「ヴェリヴォルスト」という血のソーセージ、「シュルト」というゼラチン肉の料理は、郷土料理として知られています。このほか、ピクルスやオニオンスライス、ハチミツなどは酒の肴として欠かせません。ここ最近はヘルシー志向の人が増え、こってりとした伝統料理は控えめに、野菜や果物を多めに摂る人が増えてきています。

正式名称: エストニア共和国
面積: 45,227 km2
人口: 約134万人
公用語: エストニア語
通貨: ユーロ (EUR)
加盟: 欧州連合、NATO、シェンゲン条約

wtest1